アトピー性皮膚炎でお酒を飲んだら痒くなる理由|アトピーと酒の害

アトピー性皮膚炎で飲酒したら症状が悪化する理由 アトピー性皮膚炎

若い頃、アトピー性皮膚炎に悩まされていました。小学生の頃からヒジの内側を真っ赤になるほど掻き、悩みの種でした。

大人になったら普通はアトピーは治ると聞いていたのですが、治りません。

仕事が少ないときはそうでもないのですが、残業が続くと、ストレスのせいか夜寝ている間に肌を掻きむしり、ヒジの内側や、首筋、顔が血だらけになっていました。

顔はアトピー肌でカサカサ、真っ赤で、人としゃべるのもおっくうになります。嫌になって、酒で紛らわせるような日々を送っていました。

しかし、酒を飲んで寝たらアトピーがよけいに酷くなるのです。

アトピー性皮膚炎でお酒を飲んだらかゆくなる理由

アトピーはお酒を飲んだらかゆくなる
アトピーはお酒を飲んだらかゆくなる

以下のような理由で、アトピー性皮膚炎でお酒を飲むとの痒みが増すようです。

アルコールのアトピーへの影響

中枢神経系への作用 → 掻く動作がひどくなり、無意識に湿疹部分を掻いて悪くする。麻酔作用により掻いても痛みが少なく、傷がひどくなる。

血管拡張作用 → 皮膚への血行がよくなり、かゆみが増す

利尿作用 → 肌が乾燥しカサカサする

All About 健康・医療 お酒でかゆみ悪化?! 飲酒時の注意  より引用

感じたのは主に「皮膚への血行がよくなりかゆくなるのが原因に思えました。

お酒で身体全体の血行がよくなり、アトピー患部も真っ赤になってかゆくなるのです。

お酒を飲んだ日と飲まなかった日で、症状は随分違いました

スポンサーリンク

ストレスでアトピーに、酒で悪化してまたストレスに

ストレスでアトピーに、酒で悪化してまたストレスに
ストレスでアトピーに、酒で悪化してまたストレスに

仕事のストレスでアトピーが酷くなり、アトピーによるストレスで酒を飲み、酒のせいでアトピーが悪化してまたストレスに

悪循環を繰り返していました。

お酒を飲まないほうが逆にストレスがたまりませんでした。

アトピー性皮膚炎が原因で会社すら休む

アトピーが原因で会社を休む
アトピーが原因で会社を休む

人と話すことすらおっくうで、会社をたびたび休んで引きこもるような日々が続きました。

「アトピーのせいで顔がガサガサで真っ赤、こんな肌のせいでなにもかも忘れたい、とにかく人に会いたくない

そんな日々を送っていました。

お風呂もシャワーを浴びる時もありますが、せっかく出来たかさぶたが取れるのが嫌で、お風呂に入らない日も多かったです。

そんな日は、布団にもぐり、缶チューハイなどお酒を飲んでストレス発散していました。

すると、ストレスは発散できるものの、アトピーの患部が真っ赤になり余計にかゆくなるのです。

起きている時は痒いのを我慢して掻かないのですが、寝てる間にガシガシ掻いているようで、起きたらまた血だらけ

スポンサーリンク

痒いのを掻かないように手をしばる!

お酒でアトピーがかゆくなるのでロープで縛る
お酒でアトピーがかゆくなるのでロープで縛る

もういい加減いやになり、血だらけにならないよう、手袋をして寝たり、後ろ手に手をロープでしばって寝たりしていました。

しかし、寝ている間に手袋やロープを取ってしまい、結局掻いてしまいます。

お酒を飲んだ日はもう、てきめん痒くなっていました。

アトピー性皮膚炎の症状を軽くするために

アトピーの症状を軽くするために
アトピーの症状を軽くするために

まずお酒は控えましょう

そして筆者が皮膚科に行き血液検査をしてもらったところ、これらのモノにみなアレルギーがあったのです。

  • 小麦
  • 大豆
  • ハウスダスト
  • ダニ

小麦や卵がアレルギーでしたので、ラーメンも餃子もトンカツも玉子焼きもだめ、食べられるのは肉・魚とご飯だけでした。

トンカツの皮をはいで食べたり、餃子は中身だけ食べ、周りに不思議られました。

ところで、今の医学ではアトピーそのもの完全に治すことは難しいかもしれません。ですが、症状を軽くすることはできます。

今はほとんどアトピーがなくなり、夏や冬場に首筋や頭にかるい湿疹ができる程度に治まっています。

人と喋るのもぜんぜん苦ではないです。以下のようなことで、アトピー性皮膚炎の症状を軽できます。

スポンサーリンク

お酒を飲まないこと

お酒は痒くなるので避ける
お酒は痒くなるので避ける

お酒は患部が痒くなりアトピーを悪化させます。

調子が良い時は飲んでもかまわないですが、悪い時は極力さけましょう。

血液検査をしてアレルゲン(原因)をつきとめる

皮膚科で血液検査をしましょう。

何がアレルゲンか、つまりアトピー性皮膚炎の原因かがデータで分かるため、それらを避けるだけで症状がまったく違ってきます。

刺激物を肌に当てない

アトピーの悪化の原因の刺激物が入ったシャンプー
アトピーの悪化の原因の刺激物が入ったシャンプー

普通のシャンプーやボディーソープなどはアルコールなど刺激物が入っています。肌の必要な脂分まで取り去ったり、肌に要らない刺激をあたえます。

女性の場合、髪の毛が長いため、整髪料をつけた髪が顔に当たって患部が悪化したりします。アトピー用の刺激物ゼロのシャンプーなどを使うようにしましょう。

ダニがアトピーの原因の人は多い

アトピーの原因になるダニやペット
アトピーの原因になるダニやペット

犬や猫などのペット、カーペット、ベッド、枕はダニの住みかになっています。ペットを飼っていなくても、人の家のペットで目や肌がかゆくなったことはありませんか?

アトピーの人は、かいたあと肌のカスやふけのようなものがベッドや枕にぽろぽろ落ちていますね。これらはみな、ダニのエサになります。

枕、ベッド、ふとんには100万匹以上のダニがいるそうです。

スポンサーリンク

まとめ

ちょっと最後に話がずれてしまいましたが、お酒はアトピーの症状が顕著に悪くなったという、経験に基づいた話でした。

アトピーの改善方法は次の4つです。

  • お酒は飲まないか、少量にする
  • 血液検査でアレルゲンを突き止め、絶対に避ける
  • 刺激物を避ける
  • ダニ、ハウスダストを避ける

掃除も頑張りましょう。

【あわせてよみたい】

アトピー性皮膚炎の改善と治す方法・ストレスでかゆみが増すのは本当

顔のシワをなくすために洗顔しないほうがいいって本当?

【チェック】

さよならダニー★ダニを駆除してアレルギー症状を防ぐグッズ

スポンサーリンク

コメント

  1. ヒロポン より:

    はじめまして!ランキングから来ました!!
    アトピーではないのですが、結構、いろいろと気になりますよね?
    大変ですね!

    • 何者 ふく より:

      ヒロポンさん

      コメントありがとうございます。

      2回目の訪問!(笑)ありがとうございます。

      ブログ拝見させてもらいましたが、いろんなジャンルを扱われていて、凄いですね。

      ぼくにはとても無理・・・・・・

      今後ともよろしくお願いいたします。