アトピー性皮膚炎はステロイドでは治らないって本当?

アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎でこのようなお悩みはありませんか?

・アトピー性皮膚炎がひどく、手や足の関節の裏などが湿疹のようになり、スカートや水着が着れない

・首や顔にも出て真っ赤になってしまい、人と目を合わせて喋りたくない

・市販のステロイド剤を塗っているが、塗るのを止めたらひどくなる

この記事は、アトピー性皮膚炎を抑えるためにやること、ステロイド剤の誤った使い方、正しい使い方について書いています。

アトピー性皮膚炎の症状について

アトピー性皮膚炎
フリーフォト写真ACより引用

筆者は子供の頃から22歳くらいまでアトピー性皮膚炎に悩まされたのですが、ヒジ関節の裏、ヒザ関節の裏、首、顔へと皮膚の弱い所へ湿疹のようなものができ、とてもかゆくなりますね。起きている時は我慢しても、寝てる間にいつの間にかかいて、朝起きたら血まみれだった、ということがありました。

アトピー性皮膚炎は、本来は赤ちゃんや小学生低学年がかかる症状でした。1975年の患者さんは1歳が最も多かったのが、1985年には16歳~20歳に、最近では20歳~25歳へとだんだん大人の症状になってきているのです。

ステロイド剤を効果的に使うと効くのですが、自分の判断で塗ったり止めたりとることで症状が悪化する場合が多いので、皮膚科の医者の指示に従いましょう。

また、石鹸やシャンプーの使いすぎで皮膚の防衛機能が壊されて症状が悪化するケースもあります。

夏はでかゆくなり、冬は乾燥してよけいにかゆくなりますね。

アトピー性皮膚炎を抑えるために

アトピー性皮膚炎の肌
フリーフォト写真ACより引用

・お風呂で身体を洗う時は、タオルやナイロンタオルを使うと皮膚が傷つき、かゆみの原因となります。手でなでるように、お肌を傷つけないように洗いましょう。

・筆者は「刺激が少ないだろう」という自己判断でベビー石鹸を使っていたのですが・・・・・・皮膚科の医者によるとまったくの逆効果でした。赤ちゃんはお肌に脂肪分が多いので、脂を洗い流す効果が強く、普通の大人用ボディーソープより洗浄力が強いとのこと。
スーパー薬局などで「大人の敏感肌用、低刺激」のボディーソープを使いましょう。アルコールや香料などがまったく入っておらず、肌への刺激がとても少ないのです。

・顔もゴシゴシ洗いをやめて、ただの水か、軽くソープをつけて流すだけにしましょう。今ある皮膚を大事に。

・薬局で売っているステロイド剤を自己判断でつけるとアトピー性皮膚炎が悪化する場合があります。皮膚科に行き出された薬を指示通りに塗りましょう。

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎の子供のころの体験

アトピー性皮膚炎の子供
フリーフォト写真ACより引用

アトピー性皮膚炎に気がついたのは小学3年生のころでした。

ヒジの内側がものすごくかゆく、子供なのでついかいてしまう。

何日が経つと、またかゆくなるのでかいてしまう。かゆみの部分がどんどん大きくなり、赤くなり、友達にからかわれる始末。

これ、移るん?」みたいな。

そもそも皮膚が弱かったらしく、夏は汗もが発端でかゆみが始まり、冬はカサカサ肌が発端でかゆみがはじまる。

まだヒジの内側とヒザの裏側だけでしたので、それほど気にはしていませんでした。

アトピー性皮膚炎の大人になってからの体験

アトピー性皮膚炎 大人
フリーフォト写真ACより引用

20歳ごろはもう働いていたのですが、いきなり残業200時間という激務のプロジェクトに入れられました。

プログラマーだったので一日中、夜中までパソコンの画面を見るのですが、時間が経つにつれ身体中がかゆくなってきました。

夜遅くに家に帰って寝るのですが、寝てる間に首筋や顔をかいていたようです。

おきたら首や顔が血だらけでした。

皮膚科に行ってみた

アトピー性皮膚炎の薬
フリーフォト写真ACより引用

これでは会社にいけそうもないので、適当な皮膚科にいきました。

直径3センチくらいの青いキャップの塗り薬を渡されました。

薬を塗ると、顔や首の湿疹があっという間に引いていきました。

調子にのって、ひどくなったら塗り、治りかけたら止めるような塗り方をしていました。そのころはステロイド剤というものを知りませんでした。

しかし、だんだん顔が赤くなり、皮膚が薄くなっていったのです。

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎に市販のステロイド剤は危険

アトピー性皮膚炎を治す
フリーフォト写真ACより引用

薬がなくなると、またかいて血だらけの日が続きました。

スーパー薬局へ行き「こんな状態なんだけどどうすればいいか」と聞くと、「フルコート」という塗り薬を勧められました。

その薬の成分に「合成副腎皮質ホルモン剤」(ステロイド)と記述されていました。そこで初めてステロイドのことを聞きました。

薬を塗ると治り、止めると悪化する、その薬も同じような塗り方をしました。

しかし薬を止めた時が酷く、顔は真っ赤になり人に合うのも嫌になり、とうとう会社を長期間休んでしまいました。

別の病院で検査を受ける

アトピー性皮膚炎の検査
フリーフォト写真ACより引用

もうステロイド剤を塗るのがこわくなって、別の皮膚科にいきました。

そこではアレルギーテストをされました。

結果は・・・・・・10点満点で要約すると

ダニ・ハウスダスト**********
なし
********
大豆*********
**********
果物なし
ナッツ

こんな状態でした。つまりダニ・ハウスダストを避け、麦、大豆、卵が食べられないのです。

アトピー性皮膚炎の症状を改善するには

●ハウスダストを減らす
部屋を毎日掃除すること。

●アレルゲンを摂らない
人によって違いますが、筆者は卵・小麦・大豆がアレルゲンだったため、アレルゲンをできるだけ摂らないよう、トンカツや天ぷらの(小麦、卵)をはいで食べ、チラシ寿司の錦糸卵もよけて食べました。ラーメン、うどん、パンなどはもちろん食べれません。ひたすら、米と肉・魚を食べていました。

●肌を清潔に保つ
シャワーを毎日浴びて、肌を清潔にするように言われました。タオルなどではこすらないように。

●ステロイド剤は医者の指示通りに塗る
医者から、2番目に弱いステロイド剤を出されました。
それは副作用がほとんどない弱いステロイド剤で、治るまで塗るようにと言われました。
治っても、週に1回くらいは塗ること。薬局で勝手に買わないようにと。
副作用の心配をしたら、医者は
このステロイドは、1万年くらい塗っても副作用は出ないから
とのことで、安心しました。

医者は何十種類もある薬の中からその人に適した強さのステロイド剤を選んでくれます。医者の指示通りに塗っていると、1週間くらいでアトピー性皮膚炎が消え、副作用も出ませんでした

●ローションで肌の乾燥を防ぐ
また、「乾燥止めのローションを出しておくので、風呂上りなど定期的に塗るように」
と言われました。肌の乾燥が最も悪いそうです。

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎 まとめ

アトピー性皮膚炎まとめ
フリー素材ぱくたそより引用

・ステロイド剤の自己判断での使用は症状を悪化させる場合があります。評判の良い皮膚科に行き、医者の指示通りに塗るようすれば症状を改善することができます。

・肌が傷つくとかゆくなります。お風呂ではタオルやナイロンタオルを使わず、手でなでるように、お肌を傷つけないように洗いましょう。

・ベビー石鹸は刺激が少ないように見えて、実は赤ちゃんのお肌の脂を洗い流す効果が強く、アトピー性皮膚炎には強すぎるようです。普通の大人用ボディーソープより洗浄力が強いです。スーパー薬局などで「大人の敏感肌用、低刺激」のノンアルコールのボディーソープを使いましょう。

・顔はただの水か、軽くソープをつけて流すだけにしましょう。

・病院でアレルギーのテストをして、何がアレルギーの原因なのかをちゃんと把握し、避けるようにしましょう。